とのうちブログ☆はてな編

横浜市都筑区にある「とのうちファミリークリニック」の院長です

2024年6月19日(水)の「ワイドショーいちおし」

🌟政治:都知事選
東京都知事選に立候補する小池百合子氏(71)と蓮舫氏(56)が公約発表。
会見の方法は対照的で、小池氏はネットのライブ配信、蓮舫氏は記者会見。

「小池百合子都知事を今朝、公職選挙法違反容疑で刑事告発しました」 元側近・小島敏郎氏が語る“7つの重大証拠”』(文春オンライン

『都庁庁舎ではなく、困っている人に光を当てて欲しい』とのコメント、同感です。少なくとも『都庁庁舎だけでなく、困っている人にも光を当てて欲しい』とは思います。都庁というところは、光を当てられる側ではなく、光の当たらない民衆に光を当てる側のはず。48億円あったら何ができるのだろう』(泉房穂氏)

神宮外苑再開発や五輪選手村に携わる三井不動産グループに東京都の幹部14人が天下りしていたことが分かりました。ジャーナリストの岡部裕三氏の調査で判明したもの。 都の再開発は小池百合子都知事選肝入りの事業です。再開発の利権、癒着が都知事選、都議補選で問われます』(三浦誠氏)(再掲)
→『赤旗がなければ、こういうことは一切報道されない国になってしまったんだ』(町山智浩氏)

本日10時から小池都知事の公約発表・・・呆れて、脱力した・・・ なんと!記者を全く入れず、zoomでの記者会見ときた! この人、記者会見すらまともに開けないのだ。 どこまで逃げれば気が済むのか・・・? (zoomで質問は受けるそうだ・・笑)…』(白坂和哉氏)
しかも、何人の記者が参加しているかも全く分からん! 記者が挙手ボタンを押し、小池都知事が質問に応じる形をとっているが、どのくらいの記者が参加して、どれくらいの記者が挙手ボタンを押しているのだろうか?? まるでブラックボックスだ! こんなショボい記者会見は初めてだ!』(同)

蓮舫氏の都知事選立候補に絡み、例の如く「共産党」という名称のみを取り上げ「統一協会」と瓜二つの反共攻撃を繰り出している自民党だが、自分達は公安調査庁を走狗にして共産党を監視しても何ら不正は見つけられず、逆に「赤旗」によって「裏金」などの不法行為を暴かれているのが自民党。笑止千万』(異邦人)

『小池百合子の記者会見で「事件」が発生…いよいよ東京都知事選、メディアはどう伝えるべきか?(プチ鹿島氏)』(文春オンライン

蓮舫氏も公約を発表し、少子化対策では、①多子世帯への「家賃補助制度」などを盛り込むとしながら、②「若者の手取りを増やす、これが本当の少子化対策」と述べたとのこと。「東京都独自での子育て支援策」のさらなる拡充を打ち出すと予想していたので、正直驚いている』(泉房穂氏)
”多子世帯“に限定するという発想には反対だ。“多子世帯”でなくても、行政がしっかりと支援すべきだ。財源が潤沢にある東京都なら、子育て支援策はもっとやれるはずだ。挑戦者なのに、現職に見劣りする公約とは残念でならない。少なくとも「子育て支援策に関する公約」については再検討すべきだと思う』(同)


🌟政治
最初は任意だと言っておきながら、結局義務化することは、私たちを騙す行為です。マイナンバーカードを導入する際に、最初から「国民全員に義務付けます」と言うと反発が強くて導入できないから任意だと言っていたのでしょうが、そういう詐欺的な小細工は本当にやめてほしい。政府への信頼を損なう』(想田和弘氏)
消費税の導入の際にも同じでした。今でも覚えていますが、最初は「3%から絶対に上げません」って言っていたんですよ。それでかろうじて導入が実現したのです。でもそれはやはり嘘でした。日本の政府や政治家はそういう詐欺的な手法を使う。どうも常套手段のようにも見えます』(同)

【困惑】 言ってもいない発言を次々と批判されても、そもそも言っていない以上、困惑するだけだし、事実に基づかずにマイナスの評価をされても、前提事実が違う以上、意味のある議論にはならない。関わり合いにならないほうが無難と助言してこられる方もいるが、さて、どう対応したものだろう』(泉房穂氏)
【ストローマンとは】 相手の考え・意見を歪めて引用し、その歪められた主張に対して、さらに反論するという間違っている論法のことで、藁人形論法、案山子論法ともいう。論点のすり替えにあたり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り、意図的におこなっていれば詭弁。さて、どう対応すべきか』(同)

この党の辞書には「自省」という言葉がないみたい… →自民と決裂、維新中堅「結果的に抜け穴だらけの自民案を容認してしまった」…国民も立民も冷ややか : 読売新聞オンライン』(江川紹子氏)
※「自省」がないのはこの党だけではないが。


🌟社会
先生が足りない! 教員採用試験前倒しは解消に繋がる? 1クラス1人の担任制を廃止し「チーム担任制」を導入した小学校も【news23】』(TBS)


🌟医療
朝日新聞、どんな思いでこの記事書いてるのかねえ? 朝日新聞や池田としえが無駄に騒がなかったら、ワクチンを普通に接種できたのに。 17歳が失った子宮と青春 「父の前で泣かない」と涙で迎えた18歳:朝日新聞デジタル』(ぺんたうるす)

SMA症候群は片手で数えるほどしか診断したことがありません。初診で診断したことはありません。救急外来で診断できる自信は全くありません』(岩田健太郎氏)

まず、メディアの記載が不適切。そもそも文章がロジカルでなく、何が起きたのか理解できない。問題の主体も判然としないまま、「なんとなく」研修医が悪かったという印象だけを拡散させている。ジャーナリストたち、ちゃんと仕事してほしい。 誤診で16歳男子高校生死亡 名古屋日赤、十二指腸閉塞:東京新聞 TOKYO Web』(岩田健太郎氏)
センセーショナルな見出しで購読数を稼ぎ、中身の記事はスッカスカで本質外しまくり。 今日日のラージメディアはインプレゾンビと大差ないな』(同)

入院後、全身状態の急激な悪化によると思われるせん妄に対して、 全身状態を改善をはかるのではなく、鎮静だけしてモニターも付けなかったのが最大の問題では? 研修医が最初にSMA症候群を見抜けなかったのは、本質的な原因ではない気がする。 これで研修医に責任を押し付けるのは酷いでしょ』(知念実希人氏)

『なぜ 長引く“薬不足” 解消しない供給不安の謎に迫る』(NHK
「発端となったのは、2020年12月に発覚した、ジェネリック=後発医薬品のメーカーの品質不正問題」
「すぐに増産できない事情が3つ(1)人手確保の難しさ(2)多品目生産(3)設備投資できない低い利益率」


🌟天気
今朝は晴れ。最高気温31℃(+9℃)。
日の出4:25、日の入り19:00。
日の入りが7時になった。