とのうちブログ☆はてな編

横浜市都筑区にある「とのうちファミリークリニック」の院長です

2022年8月7日(日)の「ワイドショーいちおし」

『ロンドンはほとんどの人がノーマスクです。イギリスが新型コロナを風邪と扱うようになってから半年近くが経ち、コロナ禍は過去のもになっています。一方でいつまでもマスクが外せない日本 日英の違いの一つは、子どもの成長や暮らしを優先しているかどうかだと思います』(佐竹実氏)

→『英国はロックダウンを繰り返したにもかかわらず、日本の半分の人口で18.5 万人という人口比で10倍の死者を出しました。現在でも日本の5倍の人が、毎日亡くなっている最もコロナ対策に失敗した国です。決して『過去のもの』になってなく、諦めているだけです。絶対に見習うべきではありません』知念実希人氏)

→『現在、病院前に救急車が列をなし、どんどんCOVIDで人が死んでいて、小児の犠牲者も多く、 全人口の2%が新型コロナ後遺症に悩まされている英国を、 『コロナは過去のものになった』 『子供の成長や暮らしを優先している』 と評価するのは、さすがに新聞記者失格でしょう』知念実希人氏)

 

英国医療事情が抱える本当の問題(小野昌弘氏)』(ヤフーニュース

「英国は「マスクを外してコロナ禍が終わった」国という理解が広まっていますが、本当の状況はかなり異なります。本記事では、英国におけるコロナと医療の全般的な状況を説明します」

「英国の公的医療NHSは日常的に深刻に崩壊しています」

パンデミック以前から専門医に診てもらうのに半年以上待つのが普通」

 

『日本の流行は「世界最悪」なのか? 変化している検査戦略』(高山義浩氏)(ヤフーニュース

「リスクの低い若者に検査をしなくなっている」

「ひとつ目安になるのは、人口10万人あたり死亡者数」

 

『withコロナの議論で、イギリスがよく持ち出されるのですが。人口比で日本の10倍以上の死者を出し、NHS(公的保健医療制度)も機能不全で医療崩壊が進み、200万人が後遺症に、うち11万人が休職しているのがイギリスです。「ノーマスクで過ごしている」ことだけを羨ましがって真似しようとするのは危険』(おじま紘平氏

 

きのうのコロナ感染者は全国で227563人。4県で過去最多。

東京30970、神奈川14100、埼玉12877、群馬2519、栃木2611、茨城4708、千葉10100、静岡6273、宮城3035、北海道6881。

大阪22550、兵庫11625、京都6704、奈良2358、滋賀2655、三重2798、岐阜3092、長野2130、愛知15937、新潟2709。

広島4456、岡山2957、愛媛2155、福岡12649、長崎2344、熊本3817、宮崎2355、鹿児島3356、沖縄5066。

 

『「ICANのベアトリス事務局長 岸田文雄首相演説に失望」そうなるよ、核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、核兵器禁止条約に触れなかったのだから。彼女は「被爆者に無礼」と怒り、「日本は核保有国と非保有国の架け橋になれない。向こう側に渡ろうとしない日本に橋を架けることはできない」と断じたんだ』立川談四楼氏)

 

『閣僚演説「切迫感欠く」 ICANトップ、行動要求』(共同通信

 

『本日の朝日新聞夕刊。広島平和宣言全文も、グテレス国連事務総長や岸田首相の挨拶要旨も掲載されていない。何のために夕刊出してんのか』江川紹子氏)

毎日新聞よ、お前もか…と思ったら、かろうじて平和宣言要旨だけは掲載。読売新聞は平和宣言と岸田首相の挨拶のそれぞれ全文を掲載。東京新聞はグテレス国連事務総長と岸田首相の挨拶要旨、子ども代表の「平和の誓い」全文を掲載あ、東京新聞は平和宣言全文も掲載』(同)

 

『旧統一教会と政治家との関係続々と 選挙に協力した宗教2世』NHK

 

『【週刊誌からみた「ニッポンの後退」/元木昌彦】安倍3代にわたる統一教会との蜜月関係を、なぜ大新聞は追及しないのか日刊ゲンダイ

 

『『NHKプラス』で見ました。「本」「新聞広告」「書店」「図書館」「Amazon」という権威を鵜呑みにしない。医師の中にも科学的根拠に基づかないことを書いている非専門家もいる。裏を取っていない本もたくさんあるという恐ろしい実態。そんな本に限って人気上位だったりする』(日本がん対策新聞)

 

最近のガソリン価格、165/176円。

 

今朝はくもり、27℃。最高気温30℃(+1℃)。

日の出4:53、日の入り18:40。